2010年03月29日

美しき孔雀姫

ヤン・リーピンの『シャングリラ』(梅田芸術劇場)観てきました。

20100327203932.jpg

「中国雲南省の少数民族に伝わる伝統民族歌舞で観客を楽しませる舞台を私が作ろう」と雲南省少数民族ぺー族出身の舞姫ヤン・リーピンが、2003年に初演して大絶賛を浴びた、少数民族の古き良き文化を現代的なコンセプトで融合した全く新しい舞台表現、それが『シャングリラ』。


いろいろと好みもあるとは思いますが…。

前にインドネシア・バリ島のガムラン音楽と舞踏を見た時も思ったのですが、やっぱり、ぜひ、現地でその踊りを見てみたいと感じました。

民族芸能というのは、その土地と自然・気候、そしてそこの土地の神様と密接に結びついてるものなので、舞台芸術にしてしまうとどうしても、一番コアな神性というものがなくなって、演出と技巧性・技術的な要素だけが強調されてしまい、なんか、やたらとプリミティブ(原始的)で、力強さばかりが目立ってしまう気がします。
でも、まあ、そういう垢抜けなさをもぶっとばしてしまうほどのパワーには圧倒されました。

しかし、それはさておいても、なんといっても、ヤン・リーピンの踊りがすばらしい!

パワフルな群舞とは一変して、静寂な月光のようなソロダンス。そして彼女の代表作『孔雀の精霊』。

『中国国宝級の舞姫の神業』とパンフレットにありますが、まさに人間業ではなく神業。
クラシックバレエや日本舞踊、中国雑技でも観たことのない筋肉の使い方、バランスのとり方。
「えっ、これってCG?」と思ってしまう動きと完璧なプロポーション。
肩から腕、指先が波打って、一体どんな風に腕を動かしてるのだろうと目を凝らしてもわからない。
というか、彼女の踊りの美しさに魂がとらわれてしまったというカンジ。

伝統芸能を芸術にまで高めた究極が『孔雀の精霊』であり、少数民族の優れた歌舞を結集して舞台表現に集大成したのが『シャングリラ』となるのでしょう。

なにはともあれ、いいもん見せてもろた〜揺れるハート

【関連する記事】
posted by スタッU at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

もう夜…!?

本日は家で一日中パソコンに張り付いてのデスクワーク。

気合いをいれるのと眠気覚ましに、コンビニ息子が買い置きしている『眠眠打破』の強力版『強強打破』飲んでみました。

20100326223010.jpg


以前はよく、こういう眠気覚ましのアンプルやら錠剤やらよく飲んでましたが、一度、心臓がバコバコなり、ビビったので控えてました。

でも、私が思うに、眠気覚ましに一番よく効くのはスプーン山盛り3〜5杯くらい入れたインスタントコーヒー喫茶店でしょうかね。

まあ、今日はそれこそ、コーヒー入れる以外は席立たないような状態で集中力発揮。
そんなもんだから、お昼になっても空腹にならないくらい運動量がありませんでした。

ですが、夕方になって、ふと気がつけば、肩はコリコリ、背中バキバキ、、眼はチカチカ…ぴかぴか(新しい)

超インドア派の私が、ただ一つやってる運動らしきモノ…ヨガのエクササイズで体をほぐしました。

「いででででぇ〜どんっ(衝撃)あせあせ(飛び散る汗)

なんか、一日が短かったです。


悩みで眠れない夜を過ごしてられるなら…探偵阪井忍調査事務所

posted by スタッU at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | マイフェイバリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

春の風物詩

春を告げる味覚は数々あれど、私の場合はイカナゴの佃煮。

神戸に住む母の自家製の佃煮が届くと、「あ〜、もう、そんな季節か〜」と春の訪れを感じます。

昨年、イカナゴは不漁でしたが、今年は例年通りの漁獲量だそうで、朝からせっせと魚屋さんに通って佃煮作りしてるらしいです。

母の作る佃煮は、市販のものよりショウガが効いていて絶妙においしい。

母にはホント感謝です。


posted by スタッU at 05:27| Comment(2) | TrackBack(0) | マイフェイバリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

京阪もおまかせ!

阪井忍調査事務所は大阪茨木市に事務所があります。

が、このところ、寝屋川・枚方・門真といった京阪沿線での調査依頼が続いてます。

茨木から京阪方面へは電車がないので遠く感じられますが、車を使うと以外と近いので十分守備範囲です。

事務所に来ていただいてのご相談・お見積りが基本ですが、遠方とか出向くのは都合が…という場合はこちらからお伺いしています。


そういうことで、先日も東大阪方面に出向いた時、思わぬモノを発見。

黒猫が屋根に乗っかってる!

その名も『シャノワール』(フランス語で黒猫)と言うケーキ屋さん。

「え〜、なになに!黒猫じゃん。かわいい!寄って行きたい〜!」

「何言ってんの!仕事中!」と所長。

「ちょっとだけ〜」「あかん!」

てなことで、残念ながら通り過ぎたお店はコチラ


黒猫マニアにはたまらんとこです。(でも、黒猫ケーキはないみたいです)


枚方、寝屋川、香里園も…阪井忍調査事務所
posted by スタッU at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 探偵調査事務所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

一瞬の出会い 2

阪井忍調査事務所は、調査のご依頼・お見積もりなどのご相談はお電話で承っての完全予約制ですので、予定外の来客というのはめったにありません。

そんなある日のこと。

調査事務所のドアを「コンコン」とノックする控えめな音が。

丁度、外出から戻ってきて玄関近くにいた調査部長が「はい」とドアを開けて応対…してたと思ったら、すぐドアが閉まった様子。

「?…何だったんですか?」

「宗教のヒトだったみたいですよ。なんかワタシを見たとたん『お仕事中ですよね!コレ読んください!』ってパンフレットくれたら、すぐ帰っちゃいました」

という部長のスタイルは、黒のスーツ(普段はカジュアル、たまたま用事でスーツだった)に黒メガネ(普段からサングラス愛用)、頭髪短めビシッとセット(散髪したて)。

「部長…絶対間違われましたよね、その筋のヒトに…」

「…やっぱり?あわてて帰ったもんな〜」

「ビビらせてどうするんですかー!」


いろいろな意味で頼りになる調査部長がいる…阪井忍調査事務所

posted by スタッU at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 探偵調査事務所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

22,2,22,2,22,22…日本中でネコの声

今日は2月22日…しかも、平成22年。いつもにも増してメデタイ(?)にゃん・にゃん・にゃんのネコの日で〜す。

わん・わん・わんのイヌの日は1月11日でも11月1日でもあてはまって、年に2回できそうなのに、ネコはそうはいかない。

でも、西暦1111年はもう過ぎちゃったけど、2222年はまだ…。

西暦2222年…地球はまだ存在してても、果たして人類は生存してるのか…?

西暦2222年2月22日、人類がまだ生き延びていたら、今よりはも少し賢くなって、地球上で戦争も紛争もない、ネコが穏やかに暮らせる平和な世界になっていて欲しいです。


チビクロくんを膝に抱いて思う遠い未来のネコの日。


2月22日に意味なく盛り上がるネコ好き多数の調査事務所…阪井忍調査事務所

タグ:ネコの日
posted by スタッU at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 猫・ねこ・ネコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

一瞬の出会い

車に乗っていて、自分と同じ車種・色の車を見るとなんか、居心地が悪いですが…。

とある交差点信号で信号待ちしてたら、右折ラインに同じ車種・色の車が並んで「あー、早く信号変わらないかな〜」とか思って前の対向車線見たら、もう一台同じ車種・色が信号待ちしてました。

交差点に同じ車が3台…車(セダン)車(セダン)車(セダン)
これがポルシェとかカッコイイ車だったら「おおっ!」とかなるとこだけど、あの自動車評論家・大徳寺有恒氏が「走る電気ガマだと思えば上出来では」と揶揄してられたようなクルマ。しかも、水戸黄門色…(って、どんな色なのよ〜あせあせ(飛び散る汗)

しかしながら、『走る電気ガマ』とは言い得て妙。

ウチの走る電気ガマはかなりの確率で『晴れ車』です。
雨降りそうだからと乗って出たら、必ず降らない。降ったらワイパーも効かないくらいの土砂降りだったりします。

要はひねくれてるのでしょうかね〜(運転者に似る?)


追跡調査はおまかせ!の部長がいる…阪井忍調査事務所


posted by スタッU at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | きまま日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

近くて遠かった図書館

先週末、突然、本(コミック・実用書やハウツー本以外)が読みたくなって、近くの図書館へ行ってきました。

そこで、はたと気がついたがく〜(落胆した顔)

図書館行くの何年ぶり?5年は確実に行ってない気がする…それ以上かも?カードはどこやったっけ?

近所の図書館もだけど、中央図書館にはもっと行ってない…?
そう、あれは免許とったばかりの頃、中央図書館の駐車場の支柱にバンパーあてて、「ゲンクソ悪い!こんなとこ二度と来ぃひんわ!」と逆ギレして以来行ってない…?

そんなことはないよな〜ふらふら


あれこれ記憶を巡らしながら本を借りてきて、土日は読書三昧でした。

20100215221018.jpg

例によって怪談本。岩井志麻子『ぼっけえ、きょうてえ』(岡山地方の方言で「すごく怖い」の意)
ほんとにすごく怖かった…(タイトルからしてなんか怖い)。
怪談本好きだけど、心根の深いとこを冥い闇にやられて、思わぬエネルギーポイントが減って精神的ダメージくらうこともあり。

20100215220706.jpg

あと、『あさのあつこ』の時代物。
あさのあつこさんは『バッテリー』シリーズで有名です。(NHKのTVドラマは見ました…主人公の男の子達が可愛かったるんるん
あんまし読んだことはないけど、時代小説はかなりおもしろいですグッド(上向き矢印)


しかし、なんで図書館行かなかったんだろ…??


ミステリー小説は多々あれど、現実にかなうドラマなし…阪井忍調査事務所

posted by スタッU at 22:00| Comment(3) | TrackBack(0) | ちょっと怖い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

歴女というには古過ぎる?

今日は『建国記念の日』。

ふと、「建国って、いつのこと?」と思いたち、ウキペディアを見てみたら…

『記紀(古事記&日本書紀)中で神武天皇が即位したとされる日(紀元前660年2月11日)』とありました。

紀元前って…たらーっ(汗)

雨の祝日、古代日本の創世期に思いを馳せてみようか…


謎の多い古代史…現代の謎は阪井忍調査事務所へ

posted by スタッU at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | きまま日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

付喪神ではないけれど

引っ越しもせず、同じ所に20年以上住んでいると、家の中に、同じように10年20年使い続けている道具もあったりします。

汚くなったけど(かなり、汚くなったけど)まだ使えるというモノふらふら
ちょっと使い勝手が悪くなって不便だけど、捨てそびれて、不便に慣れてしまったモノがく〜(落胆した顔)
そんなに高価じゃないのになぜか買い替えないモノもうやだ〜(悲しい顔)

あらためて家の中を見渡せば、そういうものばかりになってました。

家のメンテナンス、掃除、片付けを怠っていると、すぐそういうモノがたまってくるんですねあせあせ(飛び散る汗)

家計簿をにらみつつ、新しいモノに買い替えていきたいです〜ぴかぴか(新しい)
春になるしかわいい

悩みすっきり!新しい生活を応援します…阪井忍調査事務所

posted by スタッU at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | きまま日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。