2010年04月07日

長屋の花見

桜の花が満開のこの時期、電車の窓から見える景色も全体的になんとなくピンク色。

ところが、お花見で使う敷物のブルーシートの濃いブルーが風情を損なって残念。
ここはやはり、ゴザを使うべきでしょう(!?)

ゴザを持ってお花見といえば、落語の『長屋の花見』。

私がよく知ってるのは笑福亭仁鶴さんの『長屋の花見』。
家人がレコード(!?)を持ってて、昔、よく聞かされました。

その家人、食卓に「かまぼこ」が出るとぼそっと「かまぞこ」とか言って一人ウケてます…たらーっ(汗)

花見の席で、「たくあん」を「卵焼き」とか言って食べてるヒトは、もしかして落語好きかもわーい(嬉しい顔)


昔は大家さんが悩みの相談相手、今は…阪井忍調査事務所

ラベル:落語 花見
posted by スタッU at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | きまま日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。